微笑む人

うつ病は診断テストで把握できる【心の病相談窓口】

うつになる人が増えている

カウンセリング

うつ病という言葉は現代に広まっており、自分がそうなのではと思う人も少なくないようです。しかし自己判断や医師でもない他者の言葉は、確信にはなりません。気になる症状がある場合は、専門の医師の診断を受けることが第一になります。

詳細を確認する

近年増加する心の状態

治療

思い込みも決めつけもダメ

近年うつ病と診断される人が増加しているとされ、世間にも普通に出回る言葉となってきました。しかしそれは良くも悪くもあり、重みもなくその言葉を使ったり他者を勝手にうつ病だと決めつけたり思い込む人も少なからずいます。そのような診断して良いのは医師だけなので、本当にうつ病である人に対しては苦しい他者の言動になります。うつ病とは、単に気分が落ち込むというものではありません。悪影響や悪循環をなくすために、どんなものかを理解することが大切だと思います。よく知られる症状は、うつ病由来の睡眠障害です。いくら寝ても寝足りない、また眠ろうとしても眠れないなどの症状があらわれます。他にも過食症や拒食症といった摂食障害、思考力や注意力の低下などがあります。家族や共同生活を送る人であれば、焦燥感や疲労感、食欲などは見て分かると思います。焦燥感はイライラや落ち着きがないことです。疲労感によりだらけているように見えるかもしれません。思考力・注意力の低下では仕事や家事ができなくなることもあります。相手の態度を見て忠告することもありますが、その言動によっては、うつ病を悪化させる結果となる可能性があるので注意が必要です。

軽減も完治も可能

うつ病は、誰もが好き好んでなるものではありません。症状が強い時や深刻な場合は、何もできなくなることもあります。しかしうつ病は治らないものではないので、本人の意思と共に周囲の対応が重要なところになります。抑うつ・睡眠障害・食欲の増減・焦燥感・疲労感・思考力や注意力の低下などから、マイナスなことを言ったりだらけているように見えたり太ったり痩せたりするかもしれません。しかし体や心が辛い時に辛いことを言われたら、更に気持ちが落ちてしまいますよね。周囲の冷たい対応が続いた場合、本人は心を閉ざす可能性があります。そうなると治すこと以前に治そうということすら難しくなるので、人の幸せを願う心を忘れずに接してあげてほしいと思います。うつ病やその前兆には多くの症状が存在し、一般的にはこうだといっても本人が感じるものは人それぞれかもしれません。ただ、本人が周囲の人が自分はうつ病だとかあの人はうつ病だとか言ってよいものではありません。診断して良いのは医師だけなので、気になる症状か続く場合は診断をしてもらうと良いと思います。

憂うつな気分が続く

悩んでいる女性

うつ病は憂うつな気分が長く続き、何をするにも意欲が湧かない、眠れない、食欲がないなどの症状が続く精神疾患です。療養のために休職が必要なこともあります。理由も無く気分が落ち込んだ状態が二週間以上続いているなら、早めに医師の診察を受けましょう。うつ病と診断されたら気長に治療することが大事です。

詳細を確認する

能動性と早期発見が大切

案内

うつ病などの精神疾患を患った際に大切なことは、適切な診断を受けるために医師に対して自分の症状を的確に具体性を持って報告できるようにするという能動的な姿勢と、症状を重症化させないための早期発見のための取り組みです。早期発見のためには自身のストレスに関するチェックと精神疾患に関する知識の吸収が大切です。

詳細を確認する

早めの治療が大切

頭を押さえる女性

うつ病の診断方法には、個人で簡易的にチェックを行う事もできます。信頼できる人との連携を大切に診断や改善をする工夫も可能です。周囲の人の意見で判断しやすいポイントについて簡単な解説をしています。病気を知ることは併せて精神病の予防対策も可能になると言えるでしょう。

詳細を確認する

精神病にならないために

下を向く男性

うつ病かもしれないと感じた時には個人においてセルフ診断を行う事もできます。インターネットを活用した精神病のセルフチェックサイトは誰でも無料でセルフチェックを行う事ができるほか、時間を気にせずに自分の健康状態に関するテストをいつでも行う事が可能です。

詳細を確認する