女医

うつ病は診断テストで把握できる【心の病相談窓口】

早めの治療が大切

頭を押さえる女性

病気改善のために

うつ病の病気がある程度進行してしまうと病気の治療改善が難しくなりやすくなってしまう事もあり、通院期間が長期化してしまう場合もあるためできるだけ早期発見による治療が大切です。うつ病の発見のためには、周囲との人間関係における信頼関係を大切にすることで早期発見に結びつけやすくなります。もし友人など身近な人からのアドバイスがうつ病の早期発見の切っ掛けとなれば、病院においてうつ病の診断をしやすくなります。万が一病院においてうつ病ではないと診断されたとしても、精神病に関する知識を深める事で健康管理に役立てる事ができます。まずは、普段から周囲の人間関係において信頼を大切にしましょう。精神病の一部は、職場の人間関係の不信感から人間不信に陥ることで患う場合もあります。できるだけネガティブな環境を避けるようにし、精神的に健康を維持管理できる生活を送る事ができる工夫をしましょう。うつ病の特徴としては一般的によく知られている、やる気が出ない、仕事の努力が続かない、必要以上に愚痴っぽくなるといった精神状態が一定期間継続される「抑うつ状態」が続く事や、人間の身体的不調が発生することでうつ病の症状が起こります。

内科治療との関連性

診断によっては抑うつ状態の症状によりうつ病だと診断される場合もあります。抑うつ状態の症状が長期間継続されると身体的な不具合が発生してしまうためです。身体的不具合の特徴としては、長期間だるい、倦怠感がある、一日中寝てばかりいて何もやる気が起こらない、あるいは夜中によく目が覚めてしまい日中眠気を感じてしまうといった症状などがあります。他にもうつ病の症状としては多くの症状があるため、専門書などの書籍を調べて症状を確認してみることも大切です。うつ病関連書籍にある診断項目としての多くは、抑うつ状態の時のものが紹介されている書籍が多い傾向があります。しかし実際には身体的な不具合が発生しているときの方が、一見すると症状がわかりにくく少し厄介な場合もあります。これは身体的不具合には消化器系の臓器の不調により起こる症状の原因と繋がっている事もあり、内科的な原因が関連している可能性もあるためです。具体的には下痢、便秘、胃痛などといった症状もあります。こうした症状は精神病以外にも主に内臓の不調が原因となっている場合も少なくないため、注意が必要になります。消化器系不具合の場合には内科と連携して治療が行われる場合もあります。