女医

うつ病は診断テストで把握できる【心の病相談窓口】

能動性と早期発見が大切

案内

医師への的確な報告が重要

うつ病をはじめとしたストレスが主要因となる精神疾患を患っている患者数は多く、社会問題の一つとなっています。そしてこうした疾患を患った際に大切なことは、患者自身の能動的な治療への取り組みと早期発見です。患者自身の能動的な治療への取り組みが求められる理由は、患者が医師に的確で具体性のある報告を行わないと行けないしくみにあります。うつ病などの精神疾患を患った際に受診する精神科や心療内科といった専門医院は、医療面接によって患者や場合によってはその家族などの身近な人から聞いた情報を元にその患者の病名や治療方針を診断します。つまり、正確な情報の伝達なくして、適切な診断結果や正しい治療法を選択することは出来ないのです。そしてこのことは治療のための定期的な通院が始まってからも変わりません。毎回の通院の度に、医師は患者から症状の変化の有無や投薬治療をしている場合は服用時の効果についての報告を聞いた上で、症状の進捗や投薬治療の内容を継続するか変更を加えるかについての診断を下すからです。ですので、うつ病をはじめとした精神疾患と診断され、治療を行う間は、少なくともその日の体調とその日に服用した薬物や受けたその他の治療内容についての記録を残すために日記をつけることが有効といえるのです。

早期発見しやすい環境へ

うつ病をはじめとする精神疾患を患った際のもう一つの重要な要素がどれだけ早期に精神疾患を発症していることに気付くことができるかです。そのためには、日頃から自分が職場などで半ば強制的に強いストレスを受けていると考える場合には、うつ病をはじめとする精神疾患の予防が大切ですし、何らかの体調不良が生じているのであれば、その原因が精神疾患なのではないかということを疑うことが大切です。そこで有効な手段となるのが、具体的な症状や適切な治療が遅れればそれだけ重症化したり、再発率が高まったりするといった精神疾患に関する知識を身につけることと、WEB上で容易に発見でき、無料で簡単に利用することが可能なストレス症状に関するチェックシートを活用して、自身が受けているストレスの度合いや精神疾患の兆候を把握することです。医療機関にいく時間などが取れず、うつ病かどうかのチェックが出来ないという方は、目安としてこれらのチェックを行っておくと良いでしょう。