女医

うつ病は診断テストで把握できる【心の病相談窓口】

精神病にならないために

下を向く男性

工夫して対処

専門書などではうつ病になりやすい生活と、うつ病になりにくい生活とがあると書かれている事があります。現代社会は誰でもうつ病になる可能性のある社会とも言われている社会ですが、こうした難しい社会においてうつ病にならないためにはどのような生活習慣を送る事が大切なのでしょうか。それは普段から栄養バランスの取れた食事をし、規則正しい生活を送ること、ストレス過多を避けて工夫した生活を送ること、身近な人間関係を大切にした生活習慣を送る事、などといった心掛けが大切になります。しかし上記の工夫をすることは実際とても大変な事で、普段の生活を送るだけでも精一杯だと感じている人も少なくありません。うつ病になりにくい生活習慣を整えるためには、一度に生活スタイルを改善しようとはせず、可能であれば無理せず少しずつ生活習慣を改善していく事が大切です。一度に生活を変えようとすると、かえって新しい生活スタイルが負担になってしまい、逆に重荷として感じてしまう事もあります。できるだけ自分にとって無理のない生活習慣を送るためにはどうすれば良いのか、身近な人と定期的に相談し工夫をすることも精神病予防には大切なのです。

衛生的な精神状態

病院でうつ病の診断を行う前に、インターネットを活用して気軽に自分の精神状態を診断することができるプログラムによる個人診断を行ってみましょう。多くの精神病には特徴があり、この特徴を正しく認識しておく事により個人でも精神病かどうかのおおよそのセルフ診断が可能です。もちろん個人診断のため、情報を誤って認識してしまっている場合も少なくありません。誤った認識をした状態で精神病のセルフ診断をすることによって、間違った病気であると認識してしまったり、病気ではないのに病気だと認識して自信を失ってしまうケースもあるとも考えられるため注意が必要になります。しかしセルフ診断を行う事で現在の自分の精神状態を個人でも確認しやすくなります。また多くのうつ病紹介サイトなどを確認してみると比較的一般の人にもわかりやすい記事で紹介されているホームページも多く公開されています。自分の精神状態が心配なときには一度チェックをしてみましょう。なお個人ホームページからの情報を参照する場合には、誤植やホームページ管理者の誤認識も考えられるため、念のためできるだけ広く情報を収集して信憑性の高い情報を収集するようにしておきましょう。