女医

うつ病は診断テストで把握できる【心の病相談窓口】

憂うつな気分が続く

悩んでいる女性

気分が沈んで眠れない

うつ病は明白な理由がないにもかかわらず憂うつな状態が続き、何をするにも意欲がわかず、食欲、性欲も低下して不眠の状態が続いたり、身体症状が伴ったりする精神疾患です。心の風邪とも言われ、現代ではそれほど珍しい病気ではなくなってきました。うつ病も他の疾病と同じく、早めに専門医を受診して適切な治療を受けることにより、回復を早めることができます。うつ病は自殺の原因にもなりやすく、注意が必要です。自分や周囲の人がうつ病かもしれない、と感じたら、次のようなことが二週間以上に渡って続いていないか、チェックしてみます。一日中気分が沈んでいる、以前楽しめた趣味なども楽しめず、面白いと思えないということはありませんか。また、食欲がわかない、寝つきが悪い、夜中に目が覚めて眠れない、動作や話し方がはっきりわかるほどのろくなったという兆候がみられたら注意が必要です。そして、いらいらしたり落ち着きが無い、ひどく疲れて何をする意欲も湧かない、自分は価値の無い人間だと感じるなどの思考が出てきたら、自ら命を絶つという行動をしてしまう可能性が高くなります。これらにいくつかあてはまる項目があれば、専門医に相談することをお勧めします。

休職して療養するために

うつ病という病名での診断は即座には難しいかもしれません。似たような症状を示す疾病は他にもあり、確定診断にはしばらく時間がかかる場合があるからです。それでも、今、具体的に非常につらい状態が続き、仕事や社会生活がままならない、と感じているのであれば、医師にそのことを話しましょう。確定診断は出ていなくても、「うつ状態が認められるため、一定期間の休職を要します」といった形での診断書を出してもらえるでしょう。休職や休学というのは思い切った措置であり、ある程度のリスクを伴います。しかし、うつ病であったとしても他の精神疾患であったとしても、現在のままの社会生活を続けるのはよいことではなく、療養上一定期間の休職等が必要と医師が判断した場合、医師は診断書を書きます。また、うつ状態が軽いうちに受診できれば望ましいことです。うつ状態がひどくならないうちであれば、仕事の責任を少し軽くしてもらったりして様子を見つつ、社会生活を送りながら病気を治していくこともできるかもしれません。また、うつ病との確定診断が出た後は、周囲にもそのことを話し、理解してもらうことが必要です。うつ病の療養には時間がかかり、回りの人の接し方も重要になってくるからです。